2017年3月14日火曜日

私の足やせ体験:その17│足のストレッチ運動で美脚運動

私の足やせ体験:その17│足のストレッチ運動で美脚運動

なぜ足やせをしたいと思ったのかといいますと、年代が上がってくるにつき、体重が増え始めるだけでなく体形が大きく変化してくることに気付いたからです。

いわゆる、緩むというものでしょうか。
ウェストからくびれが見えなくなり始め、太ももがブタブタしてくるのです。

足をゆらゆら動かすと太もものお肉がブルブル震えるのです
これはかなりショックでした。

足首も太くなってきて、足から格好良さが消えてしまったようになってきました。
「これではいけない」「何とか足のすっきりとした美しさを取り戻したい」そう考えるようになったのがきっかけでした。


足やせのため、実際に行ったことはやはり運動です。
まず、毎日ウォーキングをするようにしました。
必ず20~30分、時間のある時には1時間くらいは熱心に歩きました。

ウォーキングによる効果は足やせだけではなく、気分が爽快になり、ストレスによるやけ食いも抑えられる感じがしました。

それから足首を細くするために、家では立っている時に爪先立ちをするようにしていました。
無理のない範囲内で気が付くと爪先立ちして、バレリーナのように鏡をのぞいて笑顔を作りました。

>>1日10分履くだけでやせる猫足スリッパダイエット


昔、購入してあった足のマッサージ機も引っ張り出し、ふくらはぎを乗せブルブルマッサージをかけてみました。テレビを見ながらなら簡単に試みられます。

自分でも入浴後や夜寝る前には、太ももからふくらはぎを丹念に揉みほぐし、心の中で細くなあれ、細くなあれ、と念じながら揉んでいました(笑)。

メンタルコントロールも大切なように思いますので。
それとともに足のストレッチ運動も行っていました。

足のストレッチ運動


いくつかの方法がありますが、まず片足を前後に出して、両手を腰に当て、ふくらはぎや太ももを伸ばします。ギュッギュッと筋肉が伸びる感覚が味わえます。

次に、畳の上で両足の底をくっつけ、そのままの姿勢で両手を伸ばし上半身を前に倒します。
背中や腰だけでなく、股関節もしっかり伸びるのです。
片足立ちも骨量を増やす効果もあり、ぜひお勧めです。

両手を水平に伸ばして、片足で立ち、そのままの姿勢でしばらく我慢します。
足を替えてそれを10回以上繰り返します。

日に何度も、すき間時間でよいので繰り返し行うと、よりいっそう効果が上がると思います。
休憩やテレビ視聴のとき、寝転ばっている時にはたまには足を上下させました。
仰向けや横向けの体勢で上下左右に動かすのです。

かなり腹筋を使うので辛いものですが、少しずつならばできるものです。
諦めずに根気よく、がキーワードでしょうか。

食事ではやはり筋肉はつけておかなければ美脚にはなれないと思い、鳥のささみ、魚などを油を使わずに調理して毎食少しずつ摂るように心がけていました。

結果として数か月間経過して、足やせ効果はあったと思えます。
まっすぐ立って鏡を見ると、足と足の間にわずかですがすき間が見えて、全体的に足がすっきりと美しく見えるような気持ちがしました。

足やせ活動を始める前よりも改善していることは確実だと思います。



50代前半女性 千葉県
※個人の体験談です

2017年2月16日木曜日

私の足やせ体験:その16│ランニングで健康的に脚やせ


私は上半身は痩せているのに下半身は上半身に比べると別人のように太っています。

以前はスカートも履いていたのですが、たまたま行った居酒屋で「あんた脚が太いなー」と知らないおじさんからも言われた事もあり、自分でも脚が太いと自覚はありました。
ですが、知らない人から言われるのは相当ショックでそれ以来さらにコンプレックスになりズボンばかり履くようになりました。

またO脚で足の形も悪いし、ふくらはぎの外側の筋肉が張っていて本当にスカートが似合いません。モデルのようにスラッとまっすぐに伸びた脚に憧れますが、根本が違うんだろと諦めていました。

以前は痩身エステに通っていましたが、あまりの痛さに通うのをやめてしまいました。
それからは、自分でリンパマッサージやっていましたが、よっぽど意識しないと毎日マッサージなんてできず続きませんでした。

モデルがやっている脚やせエクササイズなども試しましたが、元々の筋力がないためスクワットなどはふらついて回数も全くできず諦めてしまいました。

どうにか脚やせできるいい方法がないかなと思っていると、オリンピックで競歩やマラソンの選手が痩せているのを見て私もこんな風に有酸素運動すれば、筋肉もついて痩せるのではと思いその次の日からランニングを始めました。

今まで体育の時間ぐらいしか運動した事なかった私にはやはりランニングはハードな運動でしたが、脚を細くしてまたスカートを履きたいとか色々考えながらランニングを続けました。

初めの1ヶ月は走るというよりほぼ歩きでしたが、徐々に脚の筋肉がついてきて走れるようになりました。それでも走った次の日は身体もだるく、重いので、もう走りたくないと思う時もありましたがとにかく痩せることだけを目標に走りました

週に2-3回のペースで走り、2ヶ月を過ぎた頃から普段履いていた細身のズボンが以前よりすっと簡単に履けるようになってきました。

以前はズボンを履いていると窮屈で、血が止まるんじゃないかというくらい脈を打つのを感じて早く脱ぎたいと思っていましたが、1日中履いていていても窮屈と感じることもなくなりました。

20代後半になり太ももや腰回りに肉がつき入らなくなっていたけど、いつかまた履こうと思ってとっておいた20代前半の時のズボンもまだ少し窮屈ですが入るようになりました。

太もも、ふくらはぎのサイズを測ってなかったのでどれくらい細くなったのかはわかりません。
でも脚の間に隙間ができたり、ズボンを履くと以前はパンパンだったふくらはぎも今は少し余裕があり、痩せていることを実感でます。

今は筋力もついたおかげでスクワットなどの筋力トレーニングもできるようになってきたので脚やせエクササイズもできるようになりました。

また、今までは下半身のファッションにはあまり興味がなく、同じタイプのズボンを買うことが多かったのですが、いろんなファッション雑誌を見ることが多くなり「こんなスカートが欲しい」「こんなブーツを履いてみたい」などファッションにもまた興味が出てきて楽しくなってきました。

引き締まった健康的な脚になれるようこれからも努力していこうと思います。

プレミアム美脚

30代前半女性 東京都
※個人の体験談です

2017年1月24日火曜日

私の足やせ体験:その15│足痩せは骨盤とちょっとした努力です。

足が細かったらどんなにいいのかなと思いますよね。
スカート履いても、ショートパンツはいても格好いいですよね。

ヒールの靴も格好よく履いてコツコツ音を響かせて歩いても誰も文句は言わないですよ。
でも「大根みたい」とか、「太ももが太い人がスカートをはいたりすると罪」だとか冗談を言われたりします。

私が、そうでした。太もも、ふくらはぎがとてもしっかりしているタイプなのです。
洋服が似合わない太さです。

上半身はそんなに太ってはいないのですが、下半身はしっかりしているのです。
ホットジェル唐辛子成分入りのようなマッサージジェルでふくらはぎをマッサージしたり、サランラップをまいたりしました。

そして超音波のマッサージ機器でセルライト退治を頑張ったりしましたが、あまり効果がなかったのです。多少、マッサージをするので足はすっきりします。

根気よく続けていれば効果があるのかもしれませんが、黙々とマッサージをするのを毎日は、飽きてしまいます。
楽して痩せたいので(まずその考え方がダメなのですが)寝ながら足すっきり靴下とか履いて寝たりもしましたが、これも寝ている間に脱いでいました。

朝まで履いていたことはなかったと記憶してます。
そこで、まず自分の足の形、肉のつき方を観察してみたのです。

まず、足はO脚だったのです。
そんなに女性らしいファッションをしていなかったので気付かなかったのでは、と思います。
O脚ということは骨盤の位置、もしくは歪んでいるということだそうです。

骨盤が歪んでいたりする人は、下半身がむくみやすいらしいです。
じゃあ、どうすればいいのかと考えると、まず整体のようなところで直してもらうか、自分で骨盤矯正ベルトとか骨盤矯正クッションなどで頑張るか、ということになります。

動きたくない、頑張りたくない、お金も出したくない!
性格の私は、自分で『骨盤ベルト』という選択をしました。
骨盤がキュッとしまって腰がものすごく楽です。



気持ちがいいです。
でもずっとつけていると痒くなったりして、気づいたらやめてました。
そこで、私が出会ったのは、骨盤体操です。

上半身を動かさずに、足を肩幅くらいに広げて骨盤を右回り、左回りと数回づつ回すだけです。
これならできると思いました。
そんなに時間も必要なくできます。

これは確かにいいです。
続けること2週間くらいで、骨盤がグギっという音とともに動いたのです。
あれ?膝と膝がくっついているという結果になってしまったのです。

完全ではないのですが、O脚が治ってきたのです。
効果がでてから、頑張ればできるという自信が持てたのです。

そんなことがきっかけで、毎日、骨盤体操とふくらはぎマッサージ、お尻の下の太ももマッサージをコツコツするようになりました。

骨盤の歪みが治ってきて、足のマッサージの効果が出始めたのです。
多分、老廃物の流れが良くなったのではと思ってます。

リンパの流れというのでしょうか、このリンパの流れがよくなれば足は細くなるのです。
すっきりした自分の足を眺めるのはものすごく幸せなことです。

骨盤の歪みをまず直し、毎日のマッサージで老廃物を体外に排出する努力をするだけなのです。
簡単なようですが、毎日の10分くらいのマッサージが必要です。

日々のダラダラしていた時間を、足のマッサージ時間に変えていくだけですが、これは日々のちょっとした努力なのです。
足を細くしたい人は、まず骨盤の歪みを確認することから始めてください。

口コミ殺到の骨盤矯正ショーツ「フライビシット」!

フライビシット

40代前半女性 東京都
※個人の体験談です

2017年1月10日火曜日

私の足やせ体験:その14│足やせランニング

私の足やせ体験:その14│足やせランニング

私は上半身は痩せているのに下半身は上半身に比べると別人のように太っています。

以前はスカートも履いていたのですが、たまたま行った居酒屋で「あんた脚が太いなー」と知らないおじさんからも言われた事もあり、自分でも脚が太いと自覚はありましたが、知らない人から言われるのは相当ショックで、それ以来さらにコンプレックスになりズボンばかり履くようになりました。

またO脚で足の形も悪いし、ふくらはぎの外側の筋肉が張っていて本当にスカートが似合いません。モデルのようにスラッとまっすぐに伸びた脚に憧れますが、根本が違うんだろと諦めていました。

以前は痩身エステに通っていましたが、あまりの痛さに通うのをやめてしまいました。それからは、自分でリンパマッサージやっていましたが、よっぽど意識しないと毎日マッサージなんてできず続きませんでした。

モデルがやっている脚やせエクササイズなども試しましたが、元々の筋力がないためスクワットなどはふらついて回数も全くできず諦めてしまいました。

どうにか脚やせできるいい方法がないかなと思っていると、オリンピックで競歩やマラソンの選手が痩せているのを見て私もこんな風に有酸素運動すれば、筋肉もついて痩せるのではと思いその次の日からランニングを始めました。

今まで体育の時間ぐらいしか運動した事なかった私にはやはりランニングはハードな運動でしたが、脚を細くしてまたスカートを履きたいとか色々考えながらランニングを続けました。

初めの1ヶ月は走るというよりほぼ歩きでしたが、徐々に脚の筋肉がついてきて走れるようになりました。

それでも走った次の日は身体もだるく重いのでもう走りたくないと思う時もありましたが、とにかく痩せることだけを目標に走りました。

週に2-3回のペースで走り、2ヶ月を過ぎた頃から普段履いていた細身のズボンが以前よりすっと簡単に履けるようになってきました。

以前はズボンを履いていると窮屈で、血が止まるんじゃないかというくらい脈を打つのを感じて早く脱ぎたいと思っていましたが、1日中履いていていても窮屈と感じることもなくなりました。

20代後半になり太ももや腰回りに肉がつき入らなくなっていたけどいつかまた履こうと思ってとっておいた20代前半の時のズボンもまだ少し窮屈ですが入るようになりました。

太もも、ふくらはぎのサイズを測ってなかったのでどれくらい細くなったのかはわかりません。

でも脚の間に隙間ができたり、ズボンを履くと以前はパンパンだったふくらはぎも今は少し余裕があり、痩せていることを実感でます。

今は筋力もついたおかげでスクワットなどの筋力トレーニングもできるようになってきたので脚やせエクササイズもできるようになりました。

また今までは下半身のファッションにはあまり興味がなく、同じタイプのズボンを買うことが多かったのですが、いろんなファッション雑誌を見ることが多くなりこんなスカートが欲しい、こんなブーツを履いてみたいなどファッションにもまた興味が出てきて楽しくなってきました。

引き締まった健康的な脚になれるようこれからも努力していこうと思います。



やせるランニング

30代前半女性 神奈川県
※個人の体験談です

2017年1月4日水曜日

私の足やせ体験:その13│ボニックで足すっきり体験

私の足やせ体験:その13│ボニックで足すっきり体験

この夏は久しぶりに真剣ダイエットに挑みました。

その理由は私は全体的にはそんなに太ってはいないと自分では思っていましたが、家族からお腹と足がすごくマイナス点になっていると言われた事が、ダイエットを絶対にしてやろうと思ったきっかけでした。

私は10代20代と痩せている頃から足だけは思えば、異様に太かったと自分でも確かに感じるので、足がすっきりすれば随分と体型的に違って見えるだろうなと感じる様になりました。

足が太いとスカートをはく機会も極端に減りるので、以前は大好きだったワンピースも論外になりました。女性でワンピースが着れないとなると、どうにもこうにもなりません。

もう一度、自分が着たいと思う服を存分に着られる為に、そして家族を見返す意味でも真剣ダイエットに挑む気持ちになりました。

そこで、どんな風にダイエットをするかが勝負ですし、分かれ道だと考えました。

以前挑戦して続かなかったダイエットや、効果が遅かったものは省く事にしました。

そうなると今までした事がないダイエット方法になるわけなのですが、今までもダイエットは沢山してきたので、正直試していないダイエットはあまりない上に、足やせに効果があるダイエットはどんなかな?と思いまして、ネットの脚やせランキングを頼りにしました。


ランキングを見たり、人の口コミを徹底して見ていると、これはいいのでは?と思ったダイエット方法がありました。

ボニックという器械と専用のジェルを使ってかなりの脚やせ効果を実感したという口こみを多数見たのです。

ボニックが気になり、そこから一気に掘り下げて調べてみると、贅肉に直接働きかけてくれるボニックは器械任せで簡単にダイエットが出来るという流行の商品だということが分りました。

すぐに安く買えないかを調べたら、モニター価格で器械とジェルが購入出来るサイトを見つけたので、そのチャンスを逃したくないので、すぐに購入を決定しました。

ボニックの詳細はこちら>>ボニックPro

数日後には手元に届いたので、早速試してみました。

ボニックは正直なところ、私はちょっと痛みを感じたので、続けられるか?心配になりましたが、何とか痛みにも耐えているうちに慣れてきました。

毎日10分程度(両足で)にジェルをつけた後にボニックを当てて続けました。
すると約1週間後にはいつも履いているスリムタイムのデニムに変化が起きたのです。

いつもならば、夕方になると足のむくみにも加えて、ふくらはぎの部分がきつくなるデニムに余裕を感じたのです。

すぐにボニックの効果だと実感しました。

1週間ほどでこれほどの効果を感じるのならば、絶対に脚やせに効果があると思えたので、両足で10分という時間は変えず、機械のレベルを一段階上げて使い続けました。

約1ヶ月ほどすると、ふくらはぎが更に引き締る感じがしました。

それは私自身が感じただけではなく、家族からも確かに脚が細くなっているかもしれないと言われたので、久々にダイエットに成功したと思えました。

とりえあず、目標の脚になれて、またワンピースを着られるようになったので!ボニックを試してみて良かったです。



40代後半女性 埼玉県
※個人の体験談です