2017年2月16日木曜日

私の足やせ体験:その16│ランニングで健康的に脚やせ


私は上半身は痩せているのに下半身は上半身に比べると別人のように太っています。

以前はスカートも履いていたのですが、たまたま行った居酒屋で「あんた脚が太いなー」と知らないおじさんからも言われた事もあり、自分でも脚が太いと自覚はありました。
ですが、知らない人から言われるのは相当ショックでそれ以来さらにコンプレックスになりズボンばかり履くようになりました。

またO脚で足の形も悪いし、ふくらはぎの外側の筋肉が張っていて本当にスカートが似合いません。モデルのようにスラッとまっすぐに伸びた脚に憧れますが、根本が違うんだろと諦めていました。

以前は痩身エステに通っていましたが、あまりの痛さに通うのをやめてしまいました。
それからは、自分でリンパマッサージやっていましたが、よっぽど意識しないと毎日マッサージなんてできず続きませんでした。

モデルがやっている脚やせエクササイズなども試しましたが、元々の筋力がないためスクワットなどはふらついて回数も全くできず諦めてしまいました。

どうにか脚やせできるいい方法がないかなと思っていると、オリンピックで競歩やマラソンの選手が痩せているのを見て私もこんな風に有酸素運動すれば、筋肉もついて痩せるのではと思いその次の日からランニングを始めました。

今まで体育の時間ぐらいしか運動した事なかった私にはやはりランニングはハードな運動でしたが、脚を細くしてまたスカートを履きたいとか色々考えながらランニングを続けました。

初めの1ヶ月は走るというよりほぼ歩きでしたが、徐々に脚の筋肉がついてきて走れるようになりました。それでも走った次の日は身体もだるく、重いので、もう走りたくないと思う時もありましたがとにかく痩せることだけを目標に走りました

週に2-3回のペースで走り、2ヶ月を過ぎた頃から普段履いていた細身のズボンが以前よりすっと簡単に履けるようになってきました。

以前はズボンを履いていると窮屈で、血が止まるんじゃないかというくらい脈を打つのを感じて早く脱ぎたいと思っていましたが、1日中履いていていても窮屈と感じることもなくなりました。

20代後半になり太ももや腰回りに肉がつき入らなくなっていたけど、いつかまた履こうと思ってとっておいた20代前半の時のズボンもまだ少し窮屈ですが入るようになりました。

太もも、ふくらはぎのサイズを測ってなかったのでどれくらい細くなったのかはわかりません。
でも脚の間に隙間ができたり、ズボンを履くと以前はパンパンだったふくらはぎも今は少し余裕があり、痩せていることを実感でます。

今は筋力もついたおかげでスクワットなどの筋力トレーニングもできるようになってきたので脚やせエクササイズもできるようになりました。

また、今までは下半身のファッションにはあまり興味がなく、同じタイプのズボンを買うことが多かったのですが、いろんなファッション雑誌を見ることが多くなり「こんなスカートが欲しい」「こんなブーツを履いてみたい」などファッションにもまた興味が出てきて楽しくなってきました。

引き締まった健康的な脚になれるようこれからも努力していこうと思います。

プレミアム美脚

30代前半女性 東京都
※個人の体験談です

2017年1月24日火曜日

私の足やせ体験:その15│足痩せは骨盤とちょっとした努力です。

足が細かったらどんなにいいのかなと思いますよね。
スカート履いても、ショートパンツはいても格好いいですよね。

ヒールの靴も格好よく履いてコツコツ音を響かせて歩いても誰も文句は言わないですよ。
でも「大根みたい」とか、「太ももが太い人がスカートをはいたりすると罪」だとか冗談を言われたりします。

私が、そうでした。太もも、ふくらはぎがとてもしっかりしているタイプなのです。
洋服が似合わない太さです。

上半身はそんなに太ってはいないのですが、下半身はしっかりしているのです。
ホットジェル唐辛子成分入りのようなマッサージジェルでふくらはぎをマッサージしたり、サランラップをまいたりしました。

そして超音波のマッサージ機器でセルライト退治を頑張ったりしましたが、あまり効果がなかったのです。多少、マッサージをするので足はすっきりします。

根気よく続けていれば効果があるのかもしれませんが、黙々とマッサージをするのを毎日は、飽きてしまいます。
楽して痩せたいので(まずその考え方がダメなのですが)寝ながら足すっきり靴下とか履いて寝たりもしましたが、これも寝ている間に脱いでいました。

朝まで履いていたことはなかったと記憶してます。
そこで、まず自分の足の形、肉のつき方を観察してみたのです。

まず、足はO脚だったのです。
そんなに女性らしいファッションをしていなかったので気付かなかったのでは、と思います。
O脚ということは骨盤の位置、もしくは歪んでいるということだそうです。

骨盤が歪んでいたりする人は、下半身がむくみやすいらしいです。
じゃあ、どうすればいいのかと考えると、まず整体のようなところで直してもらうか、自分で骨盤矯正ベルトとか骨盤矯正クッションなどで頑張るか、ということになります。

動きたくない、頑張りたくない、お金も出したくない!
性格の私は、自分で『骨盤ベルト』という選択をしました。
骨盤がキュッとしまって腰がものすごく楽です。



気持ちがいいです。
でもずっとつけていると痒くなったりして、気づいたらやめてました。
そこで、私が出会ったのは、骨盤体操です。

上半身を動かさずに、足を肩幅くらいに広げて骨盤を右回り、左回りと数回づつ回すだけです。
これならできると思いました。
そんなに時間も必要なくできます。

これは確かにいいです。
続けること2週間くらいで、骨盤がグギっという音とともに動いたのです。
あれ?膝と膝がくっついているという結果になってしまったのです。

完全ではないのですが、O脚が治ってきたのです。
効果がでてから、頑張ればできるという自信が持てたのです。

そんなことがきっかけで、毎日、骨盤体操とふくらはぎマッサージ、お尻の下の太ももマッサージをコツコツするようになりました。

骨盤の歪みが治ってきて、足のマッサージの効果が出始めたのです。
多分、老廃物の流れが良くなったのではと思ってます。

リンパの流れというのでしょうか、このリンパの流れがよくなれば足は細くなるのです。
すっきりした自分の足を眺めるのはものすごく幸せなことです。

骨盤の歪みをまず直し、毎日のマッサージで老廃物を体外に排出する努力をするだけなのです。
簡単なようですが、毎日の10分くらいのマッサージが必要です。

日々のダラダラしていた時間を、足のマッサージ時間に変えていくだけですが、これは日々のちょっとした努力なのです。
足を細くしたい人は、まず骨盤の歪みを確認することから始めてください。

口コミ殺到の骨盤矯正ショーツ「フライビシット」!

フライビシット

40代前半女性 東京都
※個人の体験談です

2017年1月10日火曜日

私の足やせ体験:その14│足やせランニング

私の足やせ体験:その14│足やせランニング

私は上半身は痩せているのに下半身は上半身に比べると別人のように太っています。

以前はスカートも履いていたのですが、たまたま行った居酒屋で「あんた脚が太いなー」と知らないおじさんからも言われた事もあり、自分でも脚が太いと自覚はありましたが、知らない人から言われるのは相当ショックで、それ以来さらにコンプレックスになりズボンばかり履くようになりました。

またO脚で足の形も悪いし、ふくらはぎの外側の筋肉が張っていて本当にスカートが似合いません。モデルのようにスラッとまっすぐに伸びた脚に憧れますが、根本が違うんだろと諦めていました。

以前は痩身エステに通っていましたが、あまりの痛さに通うのをやめてしまいました。それからは、自分でリンパマッサージやっていましたが、よっぽど意識しないと毎日マッサージなんてできず続きませんでした。

モデルがやっている脚やせエクササイズなども試しましたが、元々の筋力がないためスクワットなどはふらついて回数も全くできず諦めてしまいました。

どうにか脚やせできるいい方法がないかなと思っていると、オリンピックで競歩やマラソンの選手が痩せているのを見て私もこんな風に有酸素運動すれば、筋肉もついて痩せるのではと思いその次の日からランニングを始めました。

今まで体育の時間ぐらいしか運動した事なかった私にはやはりランニングはハードな運動でしたが、脚を細くしてまたスカートを履きたいとか色々考えながらランニングを続けました。

初めの1ヶ月は走るというよりほぼ歩きでしたが、徐々に脚の筋肉がついてきて走れるようになりました。

それでも走った次の日は身体もだるく重いのでもう走りたくないと思う時もありましたが、とにかく痩せることだけを目標に走りました。

週に2-3回のペースで走り、2ヶ月を過ぎた頃から普段履いていた細身のズボンが以前よりすっと簡単に履けるようになってきました。

以前はズボンを履いていると窮屈で、血が止まるんじゃないかというくらい脈を打つのを感じて早く脱ぎたいと思っていましたが、1日中履いていていても窮屈と感じることもなくなりました。

20代後半になり太ももや腰回りに肉がつき入らなくなっていたけどいつかまた履こうと思ってとっておいた20代前半の時のズボンもまだ少し窮屈ですが入るようになりました。

太もも、ふくらはぎのサイズを測ってなかったのでどれくらい細くなったのかはわかりません。

でも脚の間に隙間ができたり、ズボンを履くと以前はパンパンだったふくらはぎも今は少し余裕があり、痩せていることを実感でます。

今は筋力もついたおかげでスクワットなどの筋力トレーニングもできるようになってきたので脚やせエクササイズもできるようになりました。

また今までは下半身のファッションにはあまり興味がなく、同じタイプのズボンを買うことが多かったのですが、いろんなファッション雑誌を見ることが多くなりこんなスカートが欲しい、こんなブーツを履いてみたいなどファッションにもまた興味が出てきて楽しくなってきました。

引き締まった健康的な脚になれるようこれからも努力していこうと思います。



やせるランニング

30代前半女性 神奈川県
※個人の体験談です

2017年1月4日水曜日

私の足やせ体験:その13│ボニックで足すっきり体験

私の足やせ体験:その13│ボニックで足すっきり体験

この夏は久しぶりに真剣ダイエットに挑みました。

その理由は私は全体的にはそんなに太ってはいないと自分では思っていましたが、家族からお腹と足がすごくマイナス点になっていると言われた事が、ダイエットを絶対にしてやろうと思ったきっかけでした。

私は10代20代と痩せている頃から足だけは思えば、異様に太かったと自分でも確かに感じるので、足がすっきりすれば随分と体型的に違って見えるだろうなと感じる様になりました。

足が太いとスカートをはく機会も極端に減りるので、以前は大好きだったワンピースも論外になりました。女性でワンピースが着れないとなると、どうにもこうにもなりません。

もう一度、自分が着たいと思う服を存分に着られる為に、そして家族を見返す意味でも真剣ダイエットに挑む気持ちになりました。

そこで、どんな風にダイエットをするかが勝負ですし、分かれ道だと考えました。

以前挑戦して続かなかったダイエットや、効果が遅かったものは省く事にしました。

そうなると今までした事がないダイエット方法になるわけなのですが、今までもダイエットは沢山してきたので、正直試していないダイエットはあまりない上に、足やせに効果があるダイエットはどんなかな?と思いまして、ネットの脚やせランキングを頼りにしました。


ランキングを見たり、人の口コミを徹底して見ていると、これはいいのでは?と思ったダイエット方法がありました。

ボニックという器械と専用のジェルを使ってかなりの脚やせ効果を実感したという口こみを多数見たのです。

ボニックが気になり、そこから一気に掘り下げて調べてみると、贅肉に直接働きかけてくれるボニックは器械任せで簡単にダイエットが出来るという流行の商品だということが分りました。

すぐに安く買えないかを調べたら、モニター価格で器械とジェルが購入出来るサイトを見つけたので、そのチャンスを逃したくないので、すぐに購入を決定しました。

ボニックの詳細はこちら>>ボニックPro

数日後には手元に届いたので、早速試してみました。

ボニックは正直なところ、私はちょっと痛みを感じたので、続けられるか?心配になりましたが、何とか痛みにも耐えているうちに慣れてきました。

毎日10分程度(両足で)にジェルをつけた後にボニックを当てて続けました。
すると約1週間後にはいつも履いているスリムタイムのデニムに変化が起きたのです。

いつもならば、夕方になると足のむくみにも加えて、ふくらはぎの部分がきつくなるデニムに余裕を感じたのです。

すぐにボニックの効果だと実感しました。

1週間ほどでこれほどの効果を感じるのならば、絶対に脚やせに効果があると思えたので、両足で10分という時間は変えず、機械のレベルを一段階上げて使い続けました。

約1ヶ月ほどすると、ふくらはぎが更に引き締る感じがしました。

それは私自身が感じただけではなく、家族からも確かに脚が細くなっているかもしれないと言われたので、久々にダイエットに成功したと思えました。

とりえあず、目標の脚になれて、またワンピースを着られるようになったので!ボニックを試してみて良かったです。



40代後半女性 埼玉県
※個人の体験談です

2016年12月25日日曜日

私の足やせ体験:その12│産後の足やせに効果大のマッサージマシーン

十代の頃から足が太くてコンプレックスでした。
特に膝周りに脂肪が付きやすくて、鏡を見てはため息が出ました。

色々とダイエットには挑戦してきましたが、足やせに成功したことはなかったです。
年月が流れ、妊娠をしました。

食べつわりだったので妊娠の初めの頃から食べる量が増えていて、後期になっても2人分だからとバクバク食べていたら、いつの間にか18キロ体重が増加してしまいました。

普通は増えても7キロから多くて12キロまでが増えていい範囲なのですが、明らかに太り過ぎでした。

急激に太ると不思議なもので、「そこに脂肪付いちゃうの?」という部分がいつの間にか太くなってました。

二の腕もですが、足の膝の横側や裏側、太ももが明らかに太くなっていました。

妊娠後期は浮腫がすごかったので、全体的に象の足みたいにむくんでいました。
その為、余分の脂肪の存在に気づいたのは産後でした。

1ヶ月ほどしてむくみが取れた時に気づいた、ビックリするほどたっぷり付いた脂肪は本当に恐怖でした。そこから本気のダイエットを決意しました。

街を歩いてて見かける子供を連れた太めのお母さんいますよね。
絶対妊娠で太って体型戻らなかったんだなと推定できる小太りな人を見ると、私も今痩せなかったらこうなるのかと思うとやる気が出てきました。

そこから始めた事は骨盤矯正体幹トレーニングです。

始めてからは体重はどんどん落ちて元の体重-2キロまで痩せれたんです。
が、付いてしまって脂肪はなかなか落ちないので足は太いままでした。

どうしようかと考えて、足全体を自分でマッサージをすることにしました。

初めはお風呂で体を洗った時の石鹸の泡を利用して、ボディショップのスパフィネスボディマッサージャーを使って太ともからふくらはぎまで毎日ゴリゴリとマッサージを続けました。

1ヶ月を経った頃から、明らかに足が細くなったなと実感できました。
血流が良くなったのと硬かった脂肪が柔らかくなった事で脂肪が燃焼しやすくなってむくみも取れてきた為に引き締まったんだと思います。

引き続き続けていたんですが、冬になり子供も手がかかるようになってきて、お風呂でマッサージをする頻度が少しずつ減っていきました。

続けないと効果は持続しないらしく、何かいい方法はないかなと思っていたところ、たまたまTV通販の番組を見て「これだ」と思い即買いした商品。

それが、アセチノメガシェイプという手のひらサイズのマッサージマシーンです。
電動で回転するローラーを気になる部分に当ててマッサージするだけでエステの揉み上げと同じ効果が得られる機械です。

電動で揉み上げてくれるのですごく楽ですし、TV見ながら楽々足やせできます。
しかも防水で湯船の中でも使えるすぐれもの。

セルライトのケアにも効果ありとの事で、特に太もものセルライトのボコボコに悩んでいたのですごく助かってます。

今は1週間に1度ほどの利用ですが足のむくみがスッキリしています。
毎日続ければ確実に足やせに効果あります。

今のところこのマシン以上に足やせに効果のあったものはないので、すごくお勧めです。
値段も高額過ぎる事もないので、楽して足やせするにはもってこいの商品だなと思っています。



30代後半女性 岡山県
※個人の体験談です

2016年12月13日火曜日

私の足やせ体験:その11│スローステップ運動で足を引き締める

スローステップ運動で足を引き締める

「うっわ~あんたその体どうしたの?」

と言われたのが5年前の夏。
お風呂に入ろうと裸になった時、同居している母が物凄く嫌そうな顔で言い放ちました。

エッ、普段ならこんなこと言わないのに・・・と思って全身を鏡でチェックしました。

全体的に丸いのは昔からですが、脇の下からの皮膚がだるんとしわになり、お尻と太ももには見事なセルライトがついていて、あ、これはまずいと自分でも自覚しました。

この時から何かのスイッチが入ったように食事に気をつけるようになりました。

私は昔から食欲旺盛なので、きつい食事制限は最初から考えていませんでした。
普段はご飯多めで野菜ばかり食べているのを、炭水化物を減らしつつ肉や魚を増やして筋肉をつけるように意識したのです。

なぜなら私のメインのダイエット方法は「スローステップ運動」だったからです。

スローステップ運動とは、スロージョギングの本で紹介されていた方法です。
テレビでも何度か取り上げられたことがあるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。



友人と一緒に、談笑できるペースで行うスロージョギングも魅力的でしたが、私は自宅でできるスローステップ運動をすることにしました。天候に左右されませんし、気が向いたらいつでも始めることができるからです。

スローステップ運動を聞いたことがない人も、踏み台昇降ならイメージできるのではないでしょうか。学校の体力テストなどでやった、あれです。

結構きついイメージがありますよね。
ただやり方自体はとても簡単です。用意するのは20cmほどの台だけ。

まず右足を乗せ、次に左足も乗せます。台の上で両膝を伸ばしたら、右足で降り、次に左足を降ろします。これを左右交互に1分間で80回を目安に行いました。

踏み台の高さや回数は年代や体力に合わせて調整するといいですよ。
できる人は1分間に100回くらいでもいいようです。

とにかくこの運動を毎日最低30分、長い時は1時間以上行いました。まとまった時間が取れなくても、5分、10分ずつ小分けにして累計で30分以上なるように心がけました。

最初のうちは5分やるだけでも息が上がったのですが、しばらくすると30分くらい軽々と続けられるようになっていました。下半身からだけでなく、全身じっとりと汗をかくのです。

私がこのダイエットを開始した時の太ももは両足とも58cmありました。
身長が150cmないくらいですから、標準体形からかなり逸脱したサイズです。
お腹周りも70cm以上ありましたから、かなりずんぐりむっくりしていました。

正直、最初の2週間程度はサイズにも変化は見られませんでした。
ごつごつしたセルライトもそのままです。

ですがダイエットはそんなに早く効果が出るもんじゃない!
と自分に言い聞かせてとにかく続けました。

そして3ヶ月後、太ももは-5cm、お腹周りは-12cmになっていました。
とにかく下半身は痩せにくいときいていたので、-5cmといえど、サイズダウンしたことはとても嬉しかったです。

セルライトのボコボコした影はあるのですが、触ってみると筋肉がついたのか固くなったのがわかります。

もっと足もお尻も小さくするため、現在もダイエット継続中です。

スローステップ運動の詳細はこちらの本に書かれています。
興味を持った方はぜひご覧ください。

NHKきょうの健康 足腰を鍛えるスロージョギング&スローステップ (生活実用シリーズ)

30代後半女性 新潟県
※個人の体験談です

2016年12月2日金曜日

私の足やせ体験:その10│毎朝15分のトランポリンで楽しく脚やせ

私の足やせ体験:その10│毎朝15分のトランポリンで楽しく脚やせ

私は元々標準体重ですが、下半身だけ異様に太く、どんなダイエットをしても脚だけ痩せることはありませんでした。

結婚式に向けてエステに通っても上半身は痩せていくのに太もものサイズだけはほとんど変わりません。

ある日何気なくテレビを見ていると、今海外ではトランポリンを使ったアークアウトが流行っているという内容のニュースをしていました。

そこにはポップな音楽に合わせて笑顔で楽しそうにトランポリンを跳ぶ女性たちの姿がありました。

その映像を目にした瞬間、これだ!これなら楽しんで脚やせできるかもしれない!と思い、すぐさまネットで一人用トランポリンを購入しました。

これが私の脚やせダイエットの始まりです。

とにかく脂肪が燃焼しやすいと言われている朝食前に15分、毎朝音楽に合わせてトランポリンを跳び続けました。

15分以上続けるとわたしはかかとが痛くなってしまうので毎日15分と決めて、トランポリンを跳び続けました。

腰を落とし、上半身がブレないように下半身だけを大きく動かして飛び跳ねるようにします。
そうすることでただの上下運動にならず、しっかりと脚の筋肉を使うことが出来ます。

続けることわずか1週間、太ももが目に見えて細くなるのが分かり、楽しくなってきて1ヵ月続けているうちに気付けば8センチの脚やせに成功していました。

トランポリンは、実はとび跳ねるたびに全身の筋肉を使う立派なスポーツの一つです。

有酸素運動でありながら普段使わない筋肉を刺激するため、部分痩せも可能です。

また、筋トレのように負荷をかけすぎないので脚が太くなりすぎることはまずありません。
ほどよく筋肉が鍛えられ、細くてしなやかな女性らしい脚を作ることが出来ます。

太ももだけではなく、ふくらはぎもとても引き締まりました。
ここで、トランポリンダイエットを始めるにあたって用意するものと注意点を紹介します。

トランポリン本体についてですが、折り畳み式の一人用の大きさのフィットネストランポリンというものがスーパーやネットでたくさん売り出されています。



安いものは2000円前後で購入することが出来ます。

トランポリンは、バネタイプではなくゴムタイプのものを選びましょう。
バネタイプだとどうしてもギシギシという音が気になります。



また、トランポリンの下にはトランポリン用のフィットネスマットを敷きましょう。
こちらのマットはトランポリンとセットで販売されている場合も多いです。

身に付けるものについてですが、まず、室内で履くスニーカーです。

素足のままでも飛び跳ねることは出来るのですが、かかとを痛めたりつま先をぐねってしまったりする場合もあるので怪我防止のためにも極力トレーニングシューズを履いて行うようにしましょう。

自分のお気に入りのシューズを履くことでやる気もアップしますよ。
トランポリンは有酸素運動ですので体力に自信のある方は空腹時に行うことをお勧めします。

そのほうがより脂肪を燃焼しやすくなります。
すぐに始められるトランポリンダイエットでみなさんも美脚を目指しましょう。

20代後半女性 大阪府
※個人の体験談です